学校法人ヴィアトール学園へのご支援のお願い

学校法人ヴィアトール学園へのご支援のお願い

このたびは本学園へのご支援をお考えいただき、ありがとうございます。
現在、募集しております寄付金はつぎのとおりです。

  • 1. 学校法人ヴィアトール学園教育事業

    < 対象 >
    洛星中学校・高等学校生徒の保護者の皆様

    < 趣意 >
    洛星中学校及び洛星高等学校の教育事業全般の運営費用に充当いたします。

  • 2. 学校法人ヴィアトール学園教育環境充実資金

    < 対象 >
    ヴィアトール学園洛星同窓会会員(卒業生)
    ヴィアトール学園教育後援会会員(卒業生保護者)
    会社等法人、その他篤志家の皆様

    < 趣意 >
    洛星中学校及び洛星高等学校の教育環境充実のための費用に充当いたします。

1.学校法人ヴィアトール学園教育事業に対するご寄付

保護者の皆様

2019年4月吉日

学校法人ヴィアトール学園
理事長 ゲェタン・ラバディ
洛星中学・高等学校
校 長 阿南 孝也
ご寄付のお願い

謹啓 春暖の候 皆様におかれましては益々ご清祥のこととお喜び申しあげます。

本年も、希望に胸をふくらませた前途有望な新入生と保護者の皆様を洛星ファミリーにお迎えできましたことを、心より嬉しく思っておりますと共に責任の重さをひしひしと感じている次第であります。

1952年(昭和27年)4月、中学校に入学した1期生が高等学校を卒業以来、本学園がこれまで送り出した卒業生が、国内外で広く社会の各方面にわたって活躍しておりますことは、私共の至上の喜びとするところであります。今後も引き続き、国際的視野に立って社会の発展に尽くすことのできる人材の育成ができるよう、教職員一同、精一杯努力をしてまいりますと共に、施設につきましても、教育環境の整備や教育研究施設の充実に取り組んでまいります。

本学園の財政運営は、学費と公的補助金を大きな柱としておりますが、私学経営をめぐる環境は一層厳しい状況となっており、毎年保護者の方々を始め、卒業生、卒業生の保護者、また一般篤志家の方々からの温かいご理解のもとに寄せられる、心のこもったご寄付が大きな支えとなっております。

つきましては、昨今の厳しい経済状況の中、また時期的にも何かとご出費の多い折から、恐縮に存じますが、本学園の教育環境の充実、発展のため、別紙の通り、18万円のご寄付にご協力を賜りますようお願い申しあげます。

末筆ながら、皆様の上に神様の豊かな祝福がありますよう、お祈り申しあげます。

謹白


2019年度 教育事業寄付金募集要項(PDF)

インターネットによる寄付金のクレジットカード決済のご案内

2.学校法人ヴィアトール学園教育環境充実資金に対するご寄付

学園の近況報告

洛星ファミリーの皆様、 昨年度、皆様方から寄せられたご寄付に心から感謝いたします。


 世界中が新型コロナの影響で大変なことになっており、日本においても緊急事態宣言が発令され、3密の回避が求められました。宣言は解除されましたが、まだまだ油断のできない状況です。皆様におかれましても、生活面、仕事面で様々な取り組みを余儀なくされておられることと、お察しいたします。


 学園に於きましても、3月の初めから臨時休校の措置を取り、後期末考査もできませんでした。4月の入学式は簡略化して執り行いましたが、始業式もできずに臨時休校を継続いたしました。この間、学年ごとに随時課題やプリント等を送付し、また、4月の下旬からコンピュータによる授業の準備にかかり、5月の連休明けにはオンライン授業の試行をして、中旬から本格的にオンライン授業を行っています。5月下旬に近畿の3府県の緊急事態宣言が解除されましたことを受け、6月からは、当面は限定的ではありますが、ようやく今年度の授業を開始することになりました。


 ヴィアトール講堂ステージの補修は終了しましたが、中央棟ができてから既に30年近くが経過しており、中高の校舎ができてからでも18年になり、各所で補修の必要に迫られています。また、オンライン授業等に係る機器の充実もさらに必要となってきています。


 16年間理事長として学園を先導されて来られたラバディ神父は80歳になられたこともあり、3月末で理事長を退任されて、カナダに帰国されました。リゴーの修道院でお元気にされているご様子です。私はそのあとを受けまして、4月に理事長に就任いたしました。大変微力ではございますが、誠心誠意努力いたす所存でございます。


 学園が現在の存在意義を持ち続けながら、私立学校として発展していくためには物心両面での援助をお願いしなくてはなりません。この時期に、このようなお願いをすることは非常に心苦しい限りではありますが、ご無理のない範囲で、皆様方の御協力を心よりお願いいたします。

 

 

学校法人ヴィアトール学園
理事長 荻野一茂

2020年 前期「募金のお願い」

 洛星ファミリーの皆様、平素は「ヴィアトール学園洛星中学・高等学校教育環境充実資金」に対しまして心温まるご協力を賜り厚くお礼申し上げます。1996年度より当資金に対しまして、累計3億3000万円を超えるご支援をお寄せいただいております。心より感謝申し上げます。
 
 昨年度は「洛星プロテクトール」という制度によりその会員として認定させていただきました皆様をはじめ、多くの方々からお力添えをいただき、生徒の海外研修、オリンピック奨学金やヴィアトール講堂ステージ改修工事、西テニスコートスタンド改修工事等への支援を行うことができました。

 今年度は引き続き学園のより充実した環境の維持のために支援を行う他、

 
〈特定寄付Ⅰ〉
グローバル人材育成 国際交流奨学金、オリンピック奨学金(数学・地学・地理の世界大会)、短期留学生奨学金として参加生徒に奨学金を支給。

〈特定寄付Ⅱ〉環境保全・省エネルギー 大教室・選択教室のLED化工事

 

 として特定の目的のための支援を行うこととしております。

今年度はヴィアトール講堂屋上防水工事他、校舎・施設の補修、整備にも多額な資金が必要とのことであり、新型コロナウイルスにより社会的に大きな変化が起こっておりますが、当委員会といたしましては、洛星の教育環境を維持しより充実させるため、皆様方のお力を賜り、学園の教育に協力いたしたく存じております。

皆様方のご多幸をお祈りいたしますと共にご支援をお願い申し上げます。



ヴィアトール学園洛星中学・高等学校
教育環境充実資金委員会
委員長 松原 宏

「洛星プロテクトール」について

[ 制度の概要 ]
2016年度以降に寄付をいただいた個人、団体について、60周年記念事業後(2012年度以降)の寄付金額により会員として認定する。

[ 会員の種別 ]
ゴールド会員:通算300万円以上
シルバー会員:通算100万円以上
ブロンズ会員:累積回数5回以上で通算10万円以上


ヴィアトール学園洛星中学・高等学校
教育環境充実資金委員会

2020年 前期 教育環境充実資金募集要項(PDF)

インターネットによる寄付金のクレジットカード決済のご案内

TOPへ