お知らせ

中3 研修旅行

11月中旬、中学3年生の九州研修旅行が行われました。
キリスト教の歴史の一端に触れ、今まさに揺れ動く世界の中で平和の尊さを改めて実感した3日間となりました。

1日目


原爆資料館、二十六聖人記念館を訪れました。原爆資料館では築城昭平さんに被爆体験について語って頂きました。

 

被爆体験講話

 

二十六聖人記念館

 

2日目


長崎市内班別では、班ごとに出島やグラバー園、中華街などを訪れました。

班別研修の後は、原爆資料館を見学し、浦上天主堂で平和祈念ミサを行いました。
長崎市内班別研修
浦上天主堂

 

3日目


世界文化遺産に指定されている外海(そとめ)の出津(しつ)集落を訪れました。潜伏キリシタンの地を実際に訪れ、また「外海の太陽」ド・ロ神父の足跡に触れることで、当時の人々の信仰にかける思いを垣間見ることができました。

「沈黙の碑」(遠藤周作『沈黙』の舞台のひとつとされています。)

旧出津救助院

出津教会