学校ブログ

ブログをはじめました

こんにちは。洛星中学・高等学校 校長の小田です。

この夏より、本校の日常の様子などをご覧いただけるよう、学校ブログを始めることになりました。

まず最初は「カリヨン」です。

本校の正門脇にはカリヨンがあり、朝夕に美しい調べを奏でています。

カリヨンは本来、教会の鐘と同じように、村や町の人々に時刻を知らせるだけでなく、お祈りの時間や慶弔事を報せる役割を担っていました。時を経て、幾つかの鐘を並べて音階を持たせることができるようになると、メロデイ(当初は宗教的なメロディが中心)を奏でられるようになり、人々は「より神に近くなった」と喜んだそうです。

本校のカリヨンは、創立60周年を記念して同窓会から寄贈されたものです。

授業がある時には、午後の授業開始5分前と下校5分前に美しいメロディを奏でてくれています。メロディはその時期にふさわしいものを選んでいます。
先日行われた本校主催の学校見学会では、校歌のメロディで未来の洛星生を迎えていました。

夏期休暇中の現在は、下校5分前の午後4時55分に「マリアさまのこころ」というカトリック典礼聖歌のメロデイが流れています。

聖母マリアの慈しみが、いつも洛星の生徒たちに豊かにそそがれますように。

カリヨンが奏でる校歌の調べは こちら から

校長 小田